コメント

  1. 千影 より:

    実はあたしも、現像してないフィルムが10本近くあるの。
    たぶん、友達の結婚式とかそんなだと思うんだけどさ・・・。
    なんか、いつもと違う穂高さんに、目頭を押さえてしまい・・・。
    穂高さんにとっては、ショッキングな映像だったんじゃないかな。
    自分が知る以前の花子ちゃん・・・。
    ねつ造でもいいと思うよ。
    人を守る嘘は神様も許してくれるから。

  2. 穂高@ より:

    千影さん
    コメントありがとうございました。
    いや、そのビデオ撮ったのは私なんですけどねσ(^◇^;)
    撮ったことを覚えてないのと、当時のことをよく覚えてないのと・・・
    たぶん、当時家族全員が病んでいて、その救世主として登場したのが花子だったのかもしれません。
    救世主といえば聞こえはいいけど、結局は生贄だったんじゃないかとも思います。
    ママは消息不明、パパは亡くなり、告別式の喪主になった長男君の「この子達を家族で育てていきます」という挨拶も思い出しますが・・・
    大人の都合を優先したんじゃないかなっていう、まあ、後悔したって仕方ありませんけどね。
    私が当事者でもないのに未だに継母倶楽部に係わっているのも、この頃の後悔を引きずっているからかもしれません(-。-;)

  3. ちかちゃん より:

    辛い過去は誰もが持っているもの。
    そういった事実があったことさえ頭の片隅にしまっておけば、あとは全てを形に残さなくてもいいと思いますよ(^^
    みんな、その時々では、精一杯のことをしてきたんだから・・・。
    誰も悪くないし、正解があるわけでもないから・・・。
    って言う自分も、後悔というか、もっと他の方法があったんじゃないかって、
    いまだに思い返しますけど・・・(苦笑)

タイトルとURLをコピーしました