02.Aさんという架空の事例を通じて

時系列的に変化するAさんの世帯周辺を見る


aさん(男性)は東京の大学に通学するために上京し、そのまま都内で就職しました。つまり親元を離れ、アパートで一人暮らしをしていました。(1,0)

数年後、aさんは学生時代に知り合った女性と結婚しました。結婚した際、どちらの親とも同居せず、2人で一つの世帯を形成しました。(2,0)

aさんの妻には弟がいて(以下義弟とします)aさん夫妻同様に別世帯を形成していました。

妻の父(aさんにとって義父)が他界した際、aさんの義弟の世帯には既に子どもが一人いたため、残された義母と同居はせず、aさん夫妻が義母と同居することを決めました。(3、0)

後に義弟夫婦は離婚することとなりました。

子どもの親権は妻側に行き、義母以下、親族は(当時としては唯一の)血縁の孫と会うことが叶わなくなりました。

※カッコ内はその時々の(aさんの同居者数、aさんの扶養人数)です。 …

関連記事

  1. 1中途養育に対する社会の周知と理解
  2. 海外のキンシップと日本の親族里親
  3. 4)社会的関りにおいて
  4. 2 アタッチメント理論とソーシャル・ネットワーク理論
  5. ステップファミリー
  6. 一般論としての母親の育児困難とは
  7. 謝辞
  8. 太郎君の発達について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 川崎市登戸児童ら19人襲撃殺傷事件岩崎容疑者の家庭問題について
  2. 2017年2月11日(土祝)「ゆる育フューチャ―セッションPart5開催します!
  3. 津久井やまゆり園の事件について 追悼文
PAGE TOP